お金をかけずに開業する|フランチャイズのシステムを利用して塾を独立開業しよう
婦人

フランチャイズのシステムを利用して塾を独立開業しよう

お金をかけずに開業する

男女

会社の設立費用

個人事業主として開業するよりも、会社を設立してしまった方が社会的な信用を得やすくなります。新規顧客を開拓する場面でも、銀行に融資を申し込む場面でも、個人事業主ではなく法人形態になっている方が有利な結果につながりやすくなります。そのため、多くの人が株式会社を設立しています。最低資本金制度が廃止されたおかげで、あまり多くの資金を持っていない人でも株式会社を設立しやすくなりました。ただし、会社を設立する際には、登録免許税や定款認証手数料、印紙代などの設立費用がかかります。最低でも25万円くらいはかかりますので、その分の現金をきちんと用意しておかなくてはなりません。個人事業主とは違い、会社は必ず登記しなくてはならないことになっています。登記手続きを司法書士に依頼した場合は、上術した費用の他に司法書士の手数料も発生します。

設立費用を節約するには

会社の設立費用を少しでも安く抑えたいと考えているのなら、電子認証システムを導入している事務所を利用するとよいです。電子認証システムを利用することができれば、印紙代の4万円がかからなくなります。大阪には、開業支援サービスを提供している事務所が山ほど存在していますが、電子認証システムを導入している事務所が案外たくさんあります。パソコンに「大阪」「開業支援」「電子認証」と入力して検索をかければ、電子認証システムを導入している大阪の事務所を簡単に見つけ出すことができます。大阪人は経済観念が発達していますので、たかが4万円などと軽く考える人は少数派です。そのため、とても多くの人が電子認証システムを導入している事務所を選んで、開業支援サービスを受けています。大阪で営業している税理士事務所の中には、開業後に顧問契約を結ぶことを条件にして、会社設立費用を0円にしているところもあります。有利な条件の開業支援サービスを利用すれば、お金をかけずに会社を作れるようになります。